忍者ブログ

Fグループ電子工作講座

秋月電子SH7125ボードで始めるマイコン開発

モータードライバを選ぶ

前回測定したモーター向けにドライバを選びます。

選定の際に気にした項目は
・電圧範囲
・連続電流
・ピーク電流
回生ブレーキ
※充電は目的としないのでショートブレーキ発電ブレーキと呼ぶべき?

また主役のモーターの価格を超えないように2回路で8,000円以内をチョイス

候補は
秋月 TB6612(いつもの1)
秋月 DRV8835(いつもの2)
Cytron MDD10A
Pololu デュアルVNH3SP30モータドライバ MD03A
Pololu デュアルVNH5019モータドライバ Arduinoシールド(動作未確認)
Pololu デュアルMC33926モータドライバボード
DCモータドライバ 2x15A_lite(動作未確認)
2x7A DCモータドライバモジュール DRI0041/AQMH2407ND(動作未確認)


写真は左から
TB6612
DRV8835
MC33926
VNH3SP30
MDD10A
配線は自分で追加しています。


左から
MDD10A
2x15A_lite
AQMH2407ND

裏面

最後の2種は基板裏面に放熱板やら電子部品やらついてます。


秋月 TB6612

・2.5~13.5V
・連続1.2A、ピーク3.2A
・¥350
・回生ブレーキ〇
・常時回生〇
・A+B+PWMとPWM_A+PWM_Bのどちらの可能
いつものドライバ
FA130とRE260はこれで駆動できる。
Pololu37mm12VとCytron12Vもこれで駆動できている。

秋月 DRV8835

・2~11V
・連続3A、ピーク ?A
・¥500(モーター1つ)
・回生ブレーキ〇
・常時回生〇
・PWM_A+PWM_B以外の制御ができない
いつものドライバ2
ピーク電流が不明(3A?)
電圧範囲が11Vまでなのがちょっと寂しい
FA130とRE260を正逆を激しく切り替えながら制御したい場合はこのドライバ

Cytron MDD10A

・5~25V(電源が5V以下になるとスリープ状態になる)
・連続10A、ピーク30A
¥2,600ぐらい
・回生ブレーキ〇 ※回生無しにできない
・常時回生〇 ※常時回生しかできない
・正逆+PWM以外の制御ができない
安価で電流容量が大きく、常時回生が可能。
前回調べたモーターの中ではミニ四駆用カスタムモーターとタミヤ540モーター
以外なら駆動可能。
動作確認用ボタンがついており、マイコンを繋がなくてもモーターを回せる。
基板が大きいことと、取り寄せだと1ヶ月ぐらいかかるのが難点。
保護回路が不明なので定格オーバーは要注意。

回生無しにできないドライバとトルクの大きい(回生ブレーキの強い)モーターを
組み合わせた場合、出力を止めると急ブレーキになるのできちんと減速制御を入れな
いと車高の高い車両だと地面次第では転倒します

Pololu デュアルVNH3SP30モータドライバ MD03A

・5.5~16V
・連続9A、ピーク30A
・¥6,400ぐらい
・回生ブレーキ〇
・常時回生× 正転→ブレーキ時に遷移時間が発生する
・A+B+PWM以外の制御ができない
保護回路が色々入っているみたいなので安心。
モーター1つにつき3ポート必要なのでちょっと不便。
このドライバでしばらくPololu 6V HPを動かしていました。
MDD10Aの方が使い勝手が良かったので今は引き出しの中。
※2019/06/09追記
回生ブレーキの有無を制御できるので、手動操作等で大トルクのモーターを急ブレーキ
をかけずゆっくり停止させたい時には有効。

Pololu デュアルVNH5019モータドライバ Arduinoシールド

・5.5V~24V
・連続12A、ピーク30A
・¥6,400ぐらい
・回生ブレーキ〇
・常時回生× 正転→ブレーキ時に遷移時間が発生する
基本的な仕様はVNH3SP30と同様
使いそうになかったのでArduinoを使っている後輩に譲りました。

Pololu デュアルMC33926モータドライバボード

・5V~28V
・連続3A、ピーク5A
・¥4,000ぐらい
・回生ブレーキ〇
・常時回生?
・A+B+PWMとPWM_A+PWM_Bのどちらの可能
比較的小型のドライバ
ジャンパをするとモードが変わる。
A+B+PWMにて使う場合はD2端子をHへジャンパして、D1へPWMを入力します。
PWM_A+PWM_Bにて使う場合はD1端子をLへD2端子をHへジャンパしないと
正しく動きません。
回生の仕様がよくわからない。
残念ながら5V以下では動作しない。
定格電流に対してちょっと割高。

DCモータドライバ 2x15A_lite

・4.8-35V
・連続15A、ピーク20A
・¥5,600ぐらい
素子が廃盤品?
基板裏にかなり大きな放熱板が付いている
購入したけど手を付けてない

2x7A DCモータドライバモジュール

・7~24 V
・連続7A、ピーク50A
・¥3,000ぐらい
購入したけど手を付けてない
型番がDRI0041なのかAQMH2407NDなのかよくわからない

その他候補としたもの

TA7291:生産終了品です。130モーターを回していると発熱します。
TA8428:生産終了品です。昔よく使ってました。
TB6643:電圧範囲が10V~なのがちょっと辛い。
TPC8407×2モジュール:自分で保護回路を入れる必要あり。


まとめ

私の用途からするとTB6612で動かせそうになかったら次はMDD10A使っとけば良さそう。
回生ブレーキを使いたくない場合はVNH3SP30もあり。
相変わらずミニ四駆用のカスタムモーターに対応したドライバが見つかっていません。
※2020/01/05 TPC8407で駆動できました

540モーターについてはシングルチャンネルのドライバから探しなおし。
候補はMD30C辺り。
近いうちにMDD3Aを調査したい。

裏面がフラットだと基板を固定しやすい。
PR

コメント

プロフィール

HN:
ぼんどF博士
性別:
男性

最新コメント

[02/26 とし]
[02/25 ぼんどF博士]
[02/25 とし]
[10/25 ぼんどF博士]
[10/18 ss400]